健保からのお知らせ

2019/02/01

医療費控除データの作成機能追加について

平成31年2月1日より「THM(タカラスタンダード・ヘルス・マネジマント)マイポータル」から年間医療費のデータを作成し、

「国税電子申請・納税システム(e-Tax)」で医療費控除申告できるようになりました。

(平成30年12月診療分は、平成31年3月初旬に掲載予定です。)

 

1.医療費控除の申請を電子申請する場合

《データ作成方法》

 ①THMマイポータル(URL:https://tskenpo-cnt.jp)にログインし、

  「医療費控除データ作成」をクリックする。

 ②「医療費控除データ作成」画面の「ダウンロード」をクリックし、「保存」

  の「名前を付けて保存」で保存先を指定して保存する。

  ※保存されたデータは、「2018年分医療費控除データ_201901311125.xml」

   と言うXML形式の名前で保存されます。数字は、保存した日時です。

  ※被扶養配偶者がおられる方は、被扶養配偶者がログインしてデータ作成してください。

《医療費控除申請方法》

 ①「国税電子申請・納税システム」の「電子申請(e-Tax)」に《データ作成方法》②で保存した

  XML形式のファイルを添付し申請する。

  ※電子申請(e-Tax)に関する詳細については、国税庁のホームページで確認してください。

 

2.医療費控除申告を書面で申請する場合

《医療費通知の印刷方法》

 ①THMマイポータル(URL:https://tskenpo-cnt.jp)にログインし、「医療費通知」

  をクリックする。

 ②「医療費のお知らせ一覧」画面の平成30年の右側にある詳細一覧の「明細一覧へ」を

  クリックし、「本名で印刷する」にチェックして「印刷画面へ」をクリックする。

  「医療費のお知らせ」が表示されますので、印刷してください。

 ③確定申告書に印刷した「医療費のお知らせ」を添付して管轄の税務署に提出する。 

  ※医療費控除申告の詳細については、管轄の税務署にお問合せください。

 

THMマイポータルに登録されていない方は、平成30年1月以降に健保から送付したTHMマイポータルの

「ID・仮パスワード」で新規登録してください。紛失された方は、健康保険組合まで連絡してください。