重症化予防指導

健康診断の結果をもとに、年齢に関係なく厚生労働省の基準を基本として、検査数値の異常値がある方を対象に実施します。

専門家(保健師・管理栄養士など)が、医療機関への受診状況や服薬状況の確認とともに、生活習慣病の早期治療や検査数値の改善といった重症化予防を目的として、食事や運動などの生活習慣改善を指導します。

重症化予防指導内容

初回 面談指導 約50分
1ヶ月後 電話指導 約5分
3ヶ月後 報告書の提出

検査結果判定基準

①血圧 収縮期血圧 160mmHg以上
拡張期血圧 100mmHg以上
②血糖 空腹時血糖 126mg/dl以上
HbA1c 6.5%以上
③脂質 中性脂肪 1000mg/dl以上
HDLコレステロール 40mg/dl未満
LDLコレステロール 180mg/dl以上

肥満・非肥満・年齢・性別に関係なく上記判定基準により対象者を抽出し、重症化予防指導を実施します。